<< 残念… 歯が欠けちゃいました… >>

職業病だと感じるのってどんなとき?

気になる記事があったのでちょこっと日記を書いています。

自分も職業病だと感じるときってありますねー。

例えば…、、、

印刷物を手にした時に、無意識に誤植を探しているとか…。
チラシやパンフ、時には双子ちゃんの絵本を見ていて写真の切り抜きの完成度に目がいってしまうとか…。
人物の髪の毛とか着ぐるみの毛先のふわふわとかがキレイに切り抜いてあると、これは!思ったりして…。
他にも、ぱっと見た印刷物の色指定をアタマの中でシミュレートしていたりとか…。
タイトルや本文とか見出しを見て何のフォントを使っているかチェックしたり…。
同人イベントに行って印刷会社のパンフをひたすらチェックしていたりとか…。
Macと言うかAppleの大変だった時を知っているので今のこの状況が信じられなかったりとか…。
ふとネットからダウンロードしたPDFファイルをとりあえずIllustratorで開いてみて、感激したりとか…。

印刷屋さんにてDTPを長い事やっているといろいろとありますよ(笑)
[PR]
by ahaha-haha | 2010-06-18 00:31 | 日記などなど | Comments(2)
Commented by yuutai-say at 2010-06-19 10:55
私は、スーパーのレジを5年近くやっているので、他店でも レジの対応や 商品の陳列の仕方やポップ(価格表示)が おかしいな? と思ったら 指摘してしまいます。
・・・と言っても、いちパートの分際なので、上から目線で言えるわけもなく かなり 下手に「あの~、すいません。これって・・・?」と遠慮気味に。直接 言えない時は、「お客様アンケート」にこっそり 書き込んだりですが・・・(^^ゞ
Commented by ahaha-haha at 2010-06-20 00:52
yuutai-sayさん、やっぱり仕事柄気になる事ってありますよね。
なんだか解る気がしますよ。
自分も同じくそんな感じだったりしますからねー。
<< 残念… 歯が欠けちゃいました… >>