<< お家のiMacで… ついに来ちゃいました… >>

帯をギュッとね!

a0003293_183336.jpg

先週末頃から「帯をギュッとね!」というマンガを読んでいます。
これは柔道をテーマにしたスポーツモノです。
もう今から20年くらい前の作品になります。
ちょうど自分が10代の後半から20代の前半になる頃に連載されていました。
自分は、このマンガは20代の頃から読み始めました。
そしていろいろな意味で影響を受けました。
元々、自分は中学の時に柔道をやっていました。
でも、中学卒業と同時にやめてしまいました。
その後は18才の頃より走る事に目覚め、柔道とは縁のない日々でした。
それが、今でも鮮明に覚えているのは22才の秋の始まった季節になんとなくでこの帯をギュッとね!のコミックスを全巻大人買いしました。
そして一気に読んでいると無性に柔道がやりたくなってきたのです。
あの頃の自分はまだ若かったでした。
柔道がやりたくてしょうがなかった自分は、当時はまだインターネットもなかったです。
家にある電話帳で、近くの柔道場を探したのでした。
そうしたら、会社の隣の駅のそばに柔道場がある事を知りました。
仕事が定時で終わった日にその道場へ電話してその日に見学に行きました。
そのままなりゆきでその道場に入門しちゃいました。
15才で一度は柔道から離れて、帯をギュッとね!を読んだ事がきっかけで22才の秋、7年のブランクを経て柔道をまた再開したのです。
週末の土曜日の夜と日曜日の午前中は道場へ通って汗を流していました。
今からはもうとても考えられないです。
14才の時に初段をとってから長い時を経て念願の弐段をとる事もできました。
今は結婚して双子ちゃんも生まれ横浜へ引っ越してきて、道場からも離れてしまいました。
柔道とも疎遠になっています。
でも、久しぶりに帯をギュッとね!を読んでいるといろいろな思いがこみあげてきました。
柔道にのめり込んだあの日、道場で汗を流していたあの時。。。
たまに今でもテレビとかで柔道の試合を見るとまたやってみたいなって気持ちになったりします。
でも、カラダがもうついてこないかもって気持ちもあります。
ちなみに、自分の耳は餃子耳と言われるカタチをしています。
中学の時に柔道で耳をつぶしちゃったのでした。
そのおかげで今でもちょっと柔道とか格闘技に興味のある人には初対面でも耳を見てその手の話題をふられる事もあります。
道場へ初めて行った時にもこの餃子耳の事は真っ先に突っ込まれました。
それにしても、帯をギュッとね!と言う作品はすごいです。
ここまで自分がマンガにのめり込んでそして影響を受けたのはこの作品以外にはないですよ。
[PR]
by ahaha-haha | 2011-02-20 01:08 | マンガ・アニメ・ゲームのお話し | Comments(0)
<< お家のiMacで… ついに来ちゃいました… >>