<< 週刊アスキーの東京トホホ会 先ほどの地震の影響が… >>

ちょっと寂しい話

あの大震災から気が付けば早いモノで1ヶ月が過ぎました。
普段の日常が時には少しずつ、そして時には大きく変わりつつあります。
そんな中で自分もまた毎日を懸命に生きている訳ですが、、、
プライベートな部分でも今年は大きな変革がありそうです。
おめでたい話もある中で、自分にとってはとても寂しい現実がそこにはありました。
自分が長い時間を過ごしていた実家の団地が売却される事になったのです。
結婚を機に自分が実家を出たのは2001年の事です。
その実家には自分が家を出た後も両親と上の姉が住んでいました。
その後、2003年に母が亡くなり、そして2009年には父が亡くなりました。
両親が亡くなった後も姉が実家の団地には住んでいました。
リフォームも済んでこれからも実家には姉が住む事になると思っていました。
しかし、その実家は今年の春先には売りに出て、先日正式に売却が決まったのでした。
いつかはこんな日が来るのかも…とココロのどこかでは思っていたのですが実際にその時が来ると、これはもう寂しいの一言ですね…。
これからはもう自分が帰れる場所はないのだと言う現実を感じています。
両親が亡くなって、4人の兄弟それぞれが自分の道を歩み始めたのだとあらためて実感しています。
おそらくは、実家に帰るのはGWが最後になりそうです。
すでに、自分は実家を出て10年にはなります。
いろいろな思い出の詰まった実家の団地。
GWには家族4人で実家へ帰って本当の意味で最後の一時を過ごしたいですよ。
[PR]
by ahaha-haha | 2011-04-12 00:13 | 日記などなど | Comments(0)
<< 週刊アスキーの東京トホホ会 先ほどの地震の影響が… >>