<< 中心で愛を叫んだ少年 キンモクを聞いて寝る… >>

走ると言う事

自分は高校1年生の時だけ陸上部に入ってました。走るのが好きだった自分は陸上部の長距離に在籍していたのです。でも自分の通っていた高校の陸上部は当時ではかなりレベルが高かったです。県大会で入賞はもちろんのことインターハイに出場しそして入賞までしてしまうようなレベルの高さでした。自分は高校に入って初めて陸上をはじめたのでそんな高いレベルにはとてもついていけなかったです。結局2年生になった春に陸上部はやめちゃいました。それからの高校生活は走る事とは無縁でした。運動をやめたら体重も一気に増えて、60kg代前半だった体重は2年弱で98kgまでにいきました。そんな高校3年の秋から冬にかけてダイエットをはじめました。近所に体育館ができて、そこのトレーニングルームへ通うようになったのです。そして高校卒業の春にまた走ろう!って思いました。今度は競技としてではなく、趣味として楽しんで走るぞ!って思いでした。走るのは好きだったので、ゆっくりとマイペースで走ってました。走るようになってダイエットの効果もでてきて、最大で98kgあった体重は19歳の夏ころには63kgくらいまで落ちていました。走るのは楽しかったです。ウオークマン片手に近所の体育館とかを走ってました。地元のロードレースにも出場しました。働いてからも走ることは継続していて、青梅マラソンも走ったりしたし、ハーフマラソンも何度か走りました。ただ結婚してからは生活環境が変わってしまったこともあって、ここ数年は走ってないです。でも最近になって自分の中では、また走りたいなって思う気持ちがでてきました。今は寒い冬の季節だけど春の暖かい時期になったらまた走りたいなって思っています。走る事が自分はやっぱり好きなので…。ついでに、言えば近頃体重も増加気味なのでいいダイエットにもなりそうです。走るって言っても気合いれてがんばって走るのではなくゆっくりとマイペースでのジョギングでいいと思ってます。走る楽しさをもう一度再確認したいです。どうして急に走りたくなったかと言うとお正月に見た駅伝の影響が大きいです。高校時代、陸上部で走っていたころの自分は駅伝にあこがれていました。駅伝にあこがれて陸上部へ入ったのです。駅伝を走る夢はかなうことなかったけど、高校卒業後にはじめたジョギングでロードレースを走る楽しさは知る事ができました。また少しずつ走るのを再開して、またいつか地元のロードレースにも出場できるくらいになりたいです。まあまずはジョギングからはじめてみたいです。走る事によって忘れていた何かを思い出せたらいいなって思います。また走りたい、そんな気持ちになった2005年の冬のある日でした。
[PR]
by ahaha-haha | 2005-01-13 08:14 | スポーツなど | Comments(2)
Commented by artigana-g at 2005-01-13 18:55
私のお友達にも,走るの好きな人達がいますよ.いいですネ!
お正月の駅伝とか,マラソンとか,走っているだけなのにどうしてあんなに夢中で見てしまうんでしょうね?今年のお正月も見てました.
ahaha-hahaさんは駅伝の走者を見られるようなところに住んでいるのですよね?羨ましいです.憧れてしまうのもわかるような気がします.
それにしてもダイエットで何十キロも落とせるなんてスゴイですね!
Commented by ahaha-haha at 2005-01-13 20:54
artigana-gさん、走る事は自分の永遠のテーマですよ。中学の時に走る楽しさを知りました。運動をやめて普通じゃあり得ないくらい太りました。高校の卒業アルバムはやばいですよ、一番太っていた頃なので。10代の後半は30kg増えて30kg落としたって感じでした。今思えばかなり無茶してましたよ。
今は箱根駅伝の2区のコースそばに住んでいるので駅伝観戦はお正月の定番です。
走るのってなんとも言えない心地良さがあります。走る楽しさをもう一度味わいたいですね。
<< 中心で愛を叫んだ少年 キンモクを聞いて寝る… >>