<< 駐車場に1円玉があったぞ! 風邪ひいたかなー >>

暗室を作ろう!

去年の年末に職場の大掃除と称して部屋の片付けをしました。その時に数年間使われずに放置されていた暗室をキレイサッパリと整理してしまったのです。その時は問題になる事もなかったのですが、、、今日になってセッターのフィルムを入れ替えようと思ったら大事な事に気がつきました。この職場には暗室がないぞ!って。フィルムは光にあたると感光しちゃいます。今回は一度セットしたフィルムをA2サイズからB2サイズのに入れ替えるのでどう考えても室内ではできないです。これは困っちゃいました。外注への手配の関係で今日中にはB2のフィルムを出さなければいけないのです。悩んだ末に、通路のはじっこの古い自現機があったスペースに一時的に光を遮断するベニヤとカーテンを設置して簡易的な暗室を作る事にしました。一緒にMacやっている後輩くんと協力して急遽暗室の作成となったのです。結果、壁の隙間にベニヤを張り、カーテンで区切るようにして暗室もどきは完成しました。これでフィルムの入れ替えができます。かなりスペースが狭いのが難点ですが、暗室がなければできない作業もここならどうにかこなせます。社長には今度ちゃんとした暗室をどこかに設置するからとは言われましたがおそらく当分、もしくはずっとこの簡易的な暗室が使われる事になるでしょう。だって暗室って言っても今ではフィルムの入れ替え以外では使う事ないのですから。自分が就職した頃はまだ暗室でカメラで撮影なんて工程も普通にあったのですが、今ではほとんどすべてスキャナで作業しています。だいたい植版カメラ自体が今となっては存在しないのですから、時代は変わったモノです。それでも、フィルムの入れ替えが暗闇の暗室の中での手作業ってのも味があるモノです。ちなみに、暗室でのフィルムの入れ替えってできるのが自分だけだったりします。慣れないと難しいようなのですが、自分は今のセッターが入った時から一人手探りでやっていて覚えちゃいました。後輩くんには、よくこんな暗闇で手探りでできますねーなんて言われたりします。でも自分もたまーに失敗してフィルム、感光してダメにしちゃったりしている事はナイショだったりします。
[PR]
by ahaha-haha | 2005-02-04 16:12 | 日記などなど | Comments(2)
Commented by harapecoaomushi at 2005-02-05 23:01
暗室!私も以前の職場でまだ手作業が主流だった時代には紙焼きをよくやりました!ポジのトリミングなんかもやりましたねえ・・・いつしかスキャンしてあっという間にトリミング終了と言う時代になってしまいました。
そういえば、紙焼きのやり方を赤いペンで書いてしまい、初めて1人でやろうと部屋に入ったら全く読めなかった記憶が・・・ばかですねえ〜ハタチの私。
Commented by ahaha-haha at 2005-02-06 10:09
harapecoaomushiさん、自分は暗室での手作業ってほとんど経験ないんですよ。会社に入った時にはMacとスキャナは導入されていたのです。もっぱら自分が暗室でやったのはカートリッジのフィルム入れ替え作業です。昔のセッターは印画紙とフィルムを出すたびに入れ替えしていたので大変でした。自分は暗室の赤い光を何もしらずにフィルムにあててしまいすべて感光してダメにしちゃった苦い思い出がありますよ。
<< 駐車場に1円玉があったぞ! 風邪ひいたかなー >>