<< もしかして…虫歯… バイパス経由のバス >>

夜回り先生の卒業証書—冬来たりなば春遠からじ

a0003293_2321228.jpg最近いろいろな意味で気になっている「夜回り先生」こと水谷修さんの本をまた買いました。「夜回り先生の卒業証書—冬来たりなば春遠からじ」です。そして今日、家に帰ってきてからで一気に読んじゃいました。この夜回り先生、自分は最近になって興味を持つようになり、本を続けて3冊読み終えました。こんなに活字を読んだのは仕事以外では久しぶりです。短期間に書籍を3冊も買ったのだっていつ以来でしょうか。それくらい、水谷先生の本は読みごたえがありました。自分のしらない夜の世界、ドラッグ、リストカット…などなど、現代の日本の抱える問題点がそこには凝縮されている気がします。自分も双子ちゃんの親になって初めて水谷先生の書かれている事がわかるようになった気がしているのです。きっとまだ独身で今よりも若い頃の自分だったここまで水谷先生の本を読んでも感じるモノはなかったのだろうなって思うのです。なんて言うか親になってみて、それで気が付く事ができたのかなって。たしかに、自分の地元だった町田とかには若い子が夜遅くまでいました。きっと今この時間にも若い子がたくさんいるのでしょう。今までとは違った視点で夜の町を見るようになりそうです。自分も大人の一人として、夜の世界の若い世代の子を見るようにしたいです。自分にも何かできるのかなって考えさせられました。何もできなくても、それでも、気持ちにとどめておけばきっと何かが変われるのでは…。夜回り先生こと水谷修さんの書かれた本、ドキュメンタリーを収録したDVDなどもっともっと見てみたいです。うまく言えないけど、自分にも高校生の時、夜中まで街中をふらついていた経験があるだけに、それだけに、深く心に響きわたるんだろうなって3冊の本を読んでいて思いました。これからも、水谷先生のサイトなどチェックしていきたいです。
[PR]
by ahaha-haha | 2005-02-16 23:02 | 日記などなど | Comments(2)
Commented by minami18th at 2005-02-17 09:08
夜明け前の闇が最も深い。
朝の来ない夜は無い。
冬は必ず春となる。

たいへんな時代ですが、少しでも良くなることを信じて
がんばりたいと思います。
Commented by ahaha-haha at 2005-02-17 16:39
minami18thさん、まさにその言葉の通りだと思います。
大変な時代だからこそ、自分も少しでもがんばりたいですね。
この水谷先生の本は読み終わっていろいろと考えさせられました。読んでみてよかったと思いますね。
<< もしかして…虫歯… バイパス経由のバス >>