<< お父さんの実家へ 土曜日の朝は… >>

USBメモリ

a0003293_8213551.gifエビフライ、たこ焼き、シュウマイ型のUSBメモリ

こんなモノがあるそうです。ネットの記事には…

 FoodDiskはご当地版として、横浜の「シュウマイ」、名古屋の「エビフライ」、大阪の「たこ焼き」の3種類をラインナップ。メモリ容量は全モデル128MB。直販価格はシュウマイ/たこ焼きが8,200円、エビフライが9,800円。
 食品部分の造形は、SushiDiskと同じく東京・浅草かっぱ橋道具街で食品サンプルの製造/販売を行なっている佐藤サンプルが担当。すべて手作りで製造している。


とありました。実用性はほとんどないのだけど、こんな遊び心、自分は好きですね。見た目だけで楽しめますよ、これだったら。そして興味深いのはシュウマイやたこ焼きよりもエビフライの方がお値段が高いってあたりです。なんだかこだわりを感じてしまいます。それにしてもこんなモノを見てしまうとUSBメモリもうすでになんでもありのようですね。ここまでくるとおもちゃと言うかフィギア感覚なのかもしれないです。そのうち、キャラクターのフィギア型USBメモリが出てくる日も近いのかもしれないですね。
[PR]
by ahaha-haha | 2005-03-19 08:23 | Mac・PCなど | Comments(3)
Commented by itchys at 2005-03-19 11:38
このたこ焼き、6つで約¥5,000ですね(笑)。
リアルすぎて勘違いする人も出てきそう。

自分としては始終お腹がすいてしまいそうでコワいです(苦笑)。
Commented by rousebaiym at 2005-03-20 00:20
ここのメーカーは色々なネタを作ってますからねぇ。
見てるだけでも楽しいです。
Commented by ahaha-haha at 2005-03-20 18:54
itchysさん、たこ焼きは写真で見る限りだとかなりリアルですねー。一個くらい欲しいかなって思ってきちゃいますよ。

rousebaiymさん、次はどんなネタを出してくるのか楽しみです。見てるだけでも十分楽しめますねー。
<< お父さんの実家へ 土曜日の朝は… >>