<< そろそろ帰りましょ パチスロ「ゴールドXR」 >>

あの頃の自分…

a0003293_14324616.gif
職場で古いMac関連の本を整理していたら、10年前のマックライフって雑誌が出てきました。今はなきMacの専門誌です。このマックライフなのですが、読者のページに自分の投稿が載っている号がとってありました。その読者のページに載っている自分の書いた文章をあらためて読んでみました。なんだか今の仕事「DTP」に関する自分の気持ちの原点にかえれた気がします。当時の自分はこんな事を思っていたのかって懐かしくも感じました。「これからもDTP」をやっていきたいと、この文章は締めくくられています。自分はその言葉通り、DTPをやりつづけて今に至りました。Macと出会って大きく変わった自分の人生。10年前から自分はその事を感じていたのです。今も自分の人生はMacとともにあるって言ってもいいくらいです。いつまでもこの頃の気持ちを忘れないでDTPと言う道を歩いていきたいです。これからもDTPをやっていきたい、あの頃と同じ気持ちの自分です。
[PR]
by ahaha-haha | 2005-04-08 14:33 | Mac・PCなど | Comments(3)
Commented by minami18th at 2005-04-08 17:49
「お金はないでしょうけど」

見方によっては「大きなお世話」(w
Commented at 2005-04-09 03:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ahaha-haha at 2005-04-09 08:12
minami18thさん、たしかにこの文章って大きなお世話にもなっちゃいますね。当時の自分はまさにその通りだったわけですが…。

鍵さん、コメント興味深く読ませていただきました。自分の場合はあなたとはまったく別の考え方になりますね。一番大事なのは気持ちではないでしょうか?前向きな思考と言うよりは結局本人の気持ち次第で変わってくると思います。うまくは言えないですが、自分はDTPをある意味楽しんでやっています。これからもその気持ちは変わらないでしょう。まあDTPそのものに疑問を感じたらやめる事もできるのですから。鍵さんのコメントを読んでDTPに対する、人それぞれの考え方はいろいろとあるのだなって参考になりました。
<< そろそろ帰りましょ パチスロ「ゴールドXR」 >>