<< ジップのドライブ ウイルスのその後… >>

ワードからイラストレータへ

最近、ワードでのデータ入稿って仕事が増えています。うちの場合はワードでデータをもらったら、一度PDFへ変換して、そのPDFをイラストレータで開いて編集・修正し、イメージセッターへ出力してます。こう書くと簡単なようですがワードからPDFへの変換はかなり要注意です。ここ最近で知ったのですがワードの文字によっては変換時にばけたり消えたりしてしまうのです。今自分がはまっているのは「“”」です。ワードの文章中にこの“”があると、間違いなくPDFにした時消えています。だいたいは途中で気がついてイラストレータでバラ打ちして対処しているのですが、昨日やったワードからの仕事ではこの“”を修正するのを忘れていました。たまたま社内でのチェックで気がついたからよかったです。今日はアサイチでこの“”を修正して先方のお客さんに確認とってOKをもらいたいです。この仕事印刷の予定が明日なのです。月曜日に入稿して中一日で印刷って前だったらすごい急ぎの仕事に感じたのですが最近はそんな日程で進む仕事も多くあります。近頃では中一日あればいいほうだな(もっと急な仕事は入稿の翌日に印刷して納品などもあるのです)って思っちゃいます。それだけ急ぎの仕事になれてしまったのでしょうね。
[PR]
by ahaha-haha | 2005-04-26 08:18 | Mac・PCなど | Comments(2)
Commented by tukasa_suzukaze at 2005-04-26 16:53
>ワードからPDFへの変換
本当に要注意ですよね

半角の「~(チルダ)」が
無言で失踪したときに
泣かされました(T-T)
Commented by ahaha-haha at 2005-04-26 22:04
tukasa_suzukazeさん、ワードからの変換ではチルダにも泣かされましたよ。サイトのアドレスを紹介する文書でチルダが消えてしまって誰も気が付かず印刷製本まで終わってから、初めて発見して刷り直しって事がありました。今回の“”も危なかったですよ。
<< ジップのドライブ ウイルスのその後… >>