<< プロ野球選手の甲子園伝説! 盆踊り! >>

完全試合…

西口9回パーフェクトも1安打完封に
プロ野球西武の西口文也投手(32)は27日、インボイス西武ドームで行われた楽天18回戦で九回まで走者を1人も許さないピッチングをしながら、延長十回、先頭打者の沖原佳典内野手に右前打され、1994年5月18日の槙原寛己(巨人)以来11年ぶり、史上16人目の完全試合はならなかった。試合は延長十回、西武が1—0でサヨナラ勝ちし、西口投手は3年ぶりの完封勝利をマークするとともに、リーグトップに並ぶ16勝目を手にした。

今日の西武と楽天の試合はヤフーのスポーツでちらっと見てました。すごい投手戦だなーって思っていたら、西武の西口はなんと9回、打者27人をパーフェクトに抑えていたんですね。これってもしかして、完全試合なの?って思ったら勝負は延長戦にもつれ込んでしかも、その延長戦でヒットを打たれてしまいました。なんて言うか、一点が入っていれば、完全試合達成だったはずが、9回を0点ではそうもいきません。西口は過去にも2回あと一つのアウトで…って場面で打たれてノーヒットノーランを逃しています。そして今日の試合では、延長戦で打たれて完全試合を逃してしまいました。これって運のつきみたいなモノがあるんでしょうか。ただすごいのは、あと一歩ってところで大記録を逃してしまってもその後の打者をちゃんと抑えているのです。今日の試合でも結果的には一安打完封で16勝目をあげて最多勝のトップにならびました。悔やまれる試合ではありましたが、勝ったのだからよしとしたいですね。味方打線が9回を終えた時点で0点ではどうしようもないですからね…。
[PR]
by ahaha-haha | 2005-08-27 23:03 | スポーツなど | Comments(0)
<< プロ野球選手の甲子園伝説! 盆踊り! >>