<< iPodの修理 朝の踏み切りにはたくさんの人が… >>

テレビの映りが悪かった理由…

この間の日曜日に部屋の模様替えをやってから、なぜかテレビの映りが悪くなりました。奥さんにちょっとテレビを見てみてよって言われてました。うちの双子ちゃんが楽しみにしているNHKのおかあさんといっしょも、いないいないばあも全然見れたモノではないと言うのです。たしかに模様替えをやってからはどのチャンネルもみな映りが悪くなっている状態です。もしかして、このタイミングでテレビまで壊れてしまったのかな?なんて嫌な予感もあったりしました。とにかく画面映り具合がずっとおかしかったので今さっきテレビにつながっているケーブルを見てみたら…、、、なんと壁のアンテナの端子からケーブルがすっぽりと抜けていました。しかもよーく見ると、ケーブルの芯線がぽきって折れています。これではテレビの映りも悪くなるはずです。ケーブルの芯線の軸をカッターで削り出して壁の端子にちゃんとセットしてみました。そしてテレビのスイッチを入れてみたら、今度はちゃんと映っています。なんともまあ簡単に問題は解決しましたよ。よかったですよ、早とちりして新しいテレビを買うなんて事をしなくて。しかし、いつの間にケーブルの芯線は折れたのでしょうか。部屋の模様替えをした時テレビも移動したのでその時にでもぽっきりと折れてしまったのでしょうか。何はともあれ、無事にテレビが映るようになってよかったです。普段はほとんどテレビは見ないのですが、それでも見れないとなるとけっこう不便ですからね…。ケーブルを調べてみて正解でしたね。まさか芯線が折れているとは思ってもなかったですよ。
[PR]
by ahaha-haha | 2006-03-14 22:46 | 日記などなど | Comments(2)
Commented by Qたろう at 2006-03-15 00:53 x
そうやって少しずつ、お父さんは

「器用で物知り」

「エラい!」

「便利」

という存在になって行くのでありました(^^;
Commented by ahaha-haha at 2006-03-15 23:58
Qたろうさん、そうなんですかね…。
たしかにそんな気がしないでもないですが。
ちなみにテレビの方はばっちりちゃんと映っていますよ。
昨日の夜がんばった甲斐がありました。
<< iPodの修理 朝の踏み切りにはたくさんの人が… >>