<< 扇風機! すごい話じゃないですか! >>

イラストレータの5.5

昨日は会社のG3にOS8.5をインストールをしてそのまま8.6にアップグレードしました。そんなにトラブルもなく無事にインストールができました。一応プリンタからみの不具合もOSを入れ直したおかげで解決してくれてよかったです。しかし、昨日はまったく別の件でトラブルが出ちゃいました。自分が6年くらい前に作成したチラシとポスターのファイルを一部だけ修正してすぐに出力するって仕事がこれまた大急ぎで入って来たのです。今自分がメインで使っているG5にはイラストレータは8.0が入っているのですが、前に作成したファイルは5.5で作ったモノでした。自分は最初はまあだいたいは5.5で作ったファイルだってそんなに問題なく8.0で開いて修正だってできるのでそう難しい話ではないだろうって軽く考えていました。しかし、今回修正するチラシとポスターのデータに限っては8.0で開くと100%クラシックが落ちるって困った状態になっちゃいました。何度クラシックを再起動しても8.0でファイルを開いただけでクラシックが落ちるのです。困りました、この仕事がこんな時に限って大急ぎで明日には印刷するって予定だったのです。悩んでも、解決ができないので思いきってG5に5.5をインストールする事にしました。まさかG5に5.5を入れる事になるなんて思ってもなかったですよ。5.5って言えば漢字Talkの頃に使っていたアプリですからね。それでも、何も問題なく5.5はG5に無事にインストールできました。5.5でチラシとポスターのファイルを開いたら今度はちゃんと開く事ができました。修正もばっちりできましたよ。ただ同じイラストレータでも5.5と8.0ではショートカットが全然違うんですよね。画面の表示も用紙設定も書類設定も、パスの連結も平均もさらに別名保存も5.5と8.0では別のショートカットになっています。8.0になれている自分には違和感満載でした。それでもかなり久しぶりに5.5を使ってみて何だか懐かしい気持ちになりました。今回の件ではG5でも5.5がまだまだ現役で使えるって事がわかっただけでも新しい発見となりましたね。
[PR]
by ahaha-haha | 2006-04-07 00:15 | Mac・PCなど | Comments(0)
<< 扇風機! すごい話じゃないですか! >>