<< 明日発売のブログ本 MDウオークマンからiPodへ >>

データ入校

最近はよくお客さんからデータをもらって作業する事がある。データ入校ってモノである。昨日もCD-Rでデータ入校された。しかし、そのCD-Rの中身を見て驚いた。ファイルはテキストのみなのだ。容量は8kである。それをCD-Rに焼いてくれたのだ。これはちょっとムダがありすぎではないだろうかと思ってしまった。CD-Rに焼かなくてもほかに手段はあったように感じるのだけど。数年前だったらこのようなデータは普通FDでやりとりしていた。でも最近のPCにはFD自体がない。まあCD-Rはお手頃だけど⋯。なんだかなーって思ってしまった自分である。
[PR]
by ahaha-haha | 2004-06-02 08:13 | 日記などなど | Comments(4)
Commented by marine_b10 at 2004-06-02 08:16
確かにすっごくもったいないですよね
そうなんだ、最近のはFD自体がないのかあ・・・
知らなかった。それってどうなんだろう?
私はそんなの買いたくないな、第一不便ですよね!!
Commented by minami18th at 2004-06-02 09:17
データの授受はもっぱらiDiskを使ってます。
「宅ファイル」なんてサービスも便利ですね。
Commented by weblood at 2004-06-02 10:03
私もデータのやりとりはほとんどCD-Rです。Windowsのお客様が多いのと、MOでOKの環境でも、戻ってこない事が多いんですよね。値段も1枚40円前後だから結局その方がお得?かも。
Commented by ahaha-haha at 2004-06-02 17:48
職場のMacはネットにつながってないのでメールなどではまずデータのやりとり無理なんです。なので軽いデータはFD、ある程度のデータはMOかCD-Rですねー。たしかにMOっていったきりで戻ってこない事がおおいです。昔は5インチのMO使っていて一枚が数千円だったので戻ってこないと大騒ぎでしたよ。
<< 明日発売のブログ本 MDウオークマンからiPodへ >>