<< 本日快晴! レイルウェイズが現実に!? >>

10球団で1リーグ!?

昨日、突然に発表された近鉄とオリックスの合併のニュースがすごい事になっている。今朝のニュースを見ていてどれも驚きの連続である。

 近畿日本鉄道の山口昌紀社長と、プロ野球近鉄バファローズの小林哲也球団社長が13日、大阪市内のホテルで記者会見し、バファローズとオリックス・ブルーウェーブを合併させることで合意していると発表した。

すでに、近鉄とオリックスは合併で合意しているとの事だ。しかも別のニュースを見てみると、10球団で1リーグ制になるというようなモノまであった。いったいこれからパリーグはどうなってしまうだろうか。ほんとに1リーグ制になってしまうんだろうか。自分として気になるのは日ハムの存在である。初代ファミスタで言うならフーズフーズなんてチームができてしまうんだろうか。自分はまだこのニュースよくわからないところが多いが、来年のプロ野球は今年とはまったく違ったモノになっているのかもと思う。球団の合併なんてほんとマンガの世界のような出来事である。それが現実になってしまうのだから、近鉄はかなり厳しい状況だったのだろう。数年前に三重へ旅行に行った時乗った近鉄の電車をふと思い出した。あの近鉄の電車はバファローズのイメージが強かったけど来年からはそれも変わってしまうのだろう。パリーグを愛する自分としてはこれからの動向に目が離せなくなってしまった。新しいプロ野球界が巨人中心にならない事を祈るばかりでもある。
[PR]
by ahaha-haha | 2004-06-14 07:58 | スポーツなど | Comments(0)
<< 本日快晴! レイルウェイズが現実に!? >>