<< OSXで爆弾! フェラーリのF1ミニカーがキタ! >>

OSXでAH-3001Vを使ってデータ通信してみよう

自分はマックユーザーである。近頃は家でも会社でもOSXを使っている。そんな自分はこの春にピッチも新しいのにした。DDIポケットのAH-3001Vである。ただ残念なことにこのAH-3001VではOSXでデータ通信ができなかった。自分はすでにできないものだとあきらめていたのだ。しかし、ネットでたまたまAH-3001Vのページをいろいろと拾い読みしていたら、個人が作った独自のドライバを発見した。そのドライバはメーカーとは別に個人の人が作ったモノだった。とりあえずためしでとダウンロードして職場のG5に入れてみたらなんと、AH-3001Vでデータ通信ができてしまったのだ。しかも予想外に簡単に。さすがに、32kでのデータ通信は遅く感じるところだけど、会社のG5がネットにつながるってのはいいことだ。仕事の合間にサイトを見たりできるのだ。ただイーサーネットとの関係でAH-3001V
を使うときは職場でのLANをきらなければいけない。ここがちょっと面倒なところでもある。もしかしたらLANをいかしたままでできる、もっといいやり方があるのかもしれないけど。何はともあれ、メーカーですら配布していないドライバを個人が作ってしまうのだからすごいモノだ。ただこのドライバ、メーカーとは無関係である。トラブルがあった時には困ってしまうかもしれない。でもそんな事は気にしないのだ。マックなんてトラブルはつきものだって身を持って経験してきた。少しくらいのトラブルだったらどうにかなってしまうモノなのだ。そんなわけでAH-3001Vがさらに使いやすくなってくれた。OSXでデータ通信ができるなんてとってもいい事だ!
[PR]
by ahaha-haha | 2004-06-18 08:01 | Mac・PCなど | Comments(0)
<< OSXで爆弾! フェラーリのF1ミニカーがキタ! >>