<< 東出さん 日ハムの… >>

はしごの高

a0003293_22274020.jpg
会社のお客さんの代表者が今年度で交代になりました。
代表者が変わるのは別に何もこれと言った事はないです。
むしろ、代表者名が入った印刷物はほとんど全て刷り直しになるので会社にはこれからちょっとの間たくさんの印刷の発注が来ると思われます。
ただただ、全然別のところで問題が発生しています。
それは代表者の名前です。
これまでの代表者名は普通のJISコードにある漢字でした。
ところが新しい代表者の名前の人文字がJISコードにはない名前なのです。
そうはしごの高の字なのですよ…。
これはけっこう仕事上は大問題だったりします。
うちの会社はまだクラシック環境で作業しています。
フォントはOCFだし、アプリはIllustrator8.0にPhotoshop6.0、組版はエディカラー6.0を使っています。
この環境ではしごの高はかなりきついです。
JISコードにないので作字と言うアウトライン化したデータをバラで配置して対処しているのです。
これから先、いろんな印刷物ではしごの高が出てくると思うと頭が痛いですよ…。
いっそビブロスのフォントが欲しくなっちゃいます。
OSXのオープンタイプフォントなら何も問題ないのでしょうが、クラシック環境のOCFってのがどうしてもネックになっちゃっていますよ…トホホ…。
[PR]
by ahaha-haha | 2007-06-27 22:28 | Mac・PCなど | Comments(0)
<< 東出さん 日ハムの… >>