<< 貸し切りでした(笑) 働きマン >>

LeopardとJIS2004

ついにLeopardがの発売日が正式に発表されました。
新しいMacOSが出るってだけでもワクワクしてきます。
仕事の合間に、ちょこっとネットでLeopardに関する記事をいろいろと見ていたら、別の意味で気になる部分が出てきました。
それは、、、

JIS2004をサポート

LeopardはJIS2004規格に完全対応。初期設定の状態で、すべてのアプリケーションのUIをJIS2004文字を使ってレンダリングできます。

美しい日本語は、美しい書体から生まれる

商用出版向けに開発されたヒラギノフォント(6書体)を、Mac OS X Leopardに標準搭載。美しいフォントを、会議の資料やホームムービーのタイトルに使えば、あなたのアイデアをより魅力的に演出できます。また、 Mac OS Xは最新のJIS規格「JIS X 0213:2004」をサポートしています。様々な人名や地名を正しい漢字で表現できるだけでなく、自分の使いたい字形にダイナミックに切り替えることもできます。


ここですよ!

ついに、MacもJIS2004なんです。
Vistaに続いて…。

これって印刷屋さんで働く自分的には近い将来いろいろと影響がありそうな予感です。
それも、直接ってよりも間接的にじわりじわりとそれはやってきそうな…。
トラブルがないのがイチバンですが、これから先どうなるか正直わからないですね。

そしてショックだったのはLeopardがうちのeMacのスペックでは動かない事でした。
最低でもメモリを足さないといけなかったのです。

とりあえず自分はLeopardの前に今のうちにTigerを買っておこうかなと迷っています。
新しいOSが発売するとそれ以前のOSは店頭から消えてしまうので…。
やっぱりTigerはあった方がいいかなと言う気持ちがあるんですよね。
[PR]
by ahaha-haha | 2007-10-17 22:52 | Mac・PCなど | Comments(2)
Commented by at 2007-10-26 15:11 x
一応、Appleのページには、

Leopard では「JIS X 0213:2004」に例として示された字体を使用したもう一組のヒラギノを新たに搭載。これまでに作った書類との互換性は確保しながら、両方のヒラギノを必要に応じて簡単に使い分けることができます。

と書いてありますが・・・。
Commented by ahaha-haha at 2007-10-26 22:21
nさん、この文章は自分も一応は目を通しました。
しかし、今までの経験から言うとどうにも気になるところなんですよね…。
<< 貸し切りでした(笑) 働きマン >>