<< マックスコーヒー こんな日に限って… >>

すり減ったコマンドキー

仕事場での自分のメインマシンであるG5。
気が付けばこのG5を導入したのは5年前の2月でした。
自分の場合、セッターやフォントの関係でOSXよりもクラシック環境が主となっています。
なので5年前のMacでもそれほど問題なく使えています。
Illustratorの8とかなら全然気にならないです。
CS2でもそんなすごいファイルを扱わない限りは大丈夫です。
そんな中で何となくキーボードを見ていたらとある事に気が付きました。
a0003293_21572784.jpg

左に位置するコマンドキーがいつの間にかにすり減っていたのです。
それはそうでしょう。
ショートカットを駆使する自分としてはコマンドキーは他のどのキーよりも使う頻度が高いのですから…。
すでに、リンゴのマークは見えてもコマンドのマークは消えつつあります。
しかもよーく見るとキーの表面もちょと摩耗しているようにも感じられますよ。
その他のキーではCとVとSとAやZのキーの表面が減っている感じでした。
これらのキーもコマンドキーとセットでどんなアプリでもよく使うショートカットが割り振られているんですよね。
ちなみに、右手でマウスを持っている関係で同じコマンドキーでも右側のは全然触れた形跡がないですよ…。
[PR]
by ahaha-haha | 2009-02-18 21:58 | Mac・PCなど | Comments(0)
<< マックスコーヒー こんな日に限って… >>