<< WILLCOMが… バンザイマークのガンプラ >>

LeopardでIllustrator8.0を使ってみました

ちょっと個人的にですが、Illustrator8.0のデータを開く事になりました。
我が家にはクラシック環境専用にとG5のiMacがありますが、そのG5は双子ちゃんがメインで使っています。
特に今日みたいな休みの日はG5でキッズ向けのサイトを見て楽しんでいます。
なので今日のところは自分がメインで使っているインテルのiMacでIllustrator8.0を立ち上げる事にしました。
通常だとIntel MacにLeopardの組み合わせだとIllustrator8.0を使うのはほぼ不可能です。
しかし、自分は前にLeopardで起動できるOS8.5のエミュレータを入れていました。
今日はそのエミュレータを使ってIllustrator8.0を起動させる事にしました。
まずは、エミュレータのSheepShaverを起動させます。
無事にLeopardでOS8.5が立ち上がりました。
a0003293_23173123.jpg

次にこのOS8.5でIllustrator8.0を立ち上げます
a0003293_2318049.jpg

インテルにLeopardの組み合わせでも普通にIllustrator8.0が使えるのは結構便利だったりします。
他にも通常ならクラシック環境でしか使えない昔のアプリもこのSheepShaverがあればOSXでも使えちゃいます。
仕事でバリバリに使うにはちょっと不安な部分もありますが、お家にて私用で使うには別段問題ないです。
それこそ、漢字Talkの時代のゲームとかも時空を超えて今でも遊べちゃいます。
a0003293_23182231.jpg

キッドピクスとか今になってやってみると別の意味で新鮮ですよ(笑)
[PR]
by ahaha-haha | 2009-09-23 23:18 | Mac・PCなど | Comments(0)
<< WILLCOMが… バンザイマークのガンプラ >>