人気ブログランキング |
<< 第2ステージの先発は… よく使うイラストVol.3 >>

魂(ガッツ)のフルスイング—泥臭く、ひたすら振りぬく!

a0003293_21454132.jpg
仕事帰りに立ち寄った本屋さんで見かけて前から気になっていた本がありました。あの日ハムのスラッガー小笠原道大の書いた本「魂(ガッツ)のフルスイング—泥臭く、ひたすら振りぬく! 」です。どうしようかなと迷いつつついに買っちゃいました。そして一気に読んじゃいました。日ハムがそして小笠原が好きな自分にはとてもたまらない内容でした。小笠原って言うとどうも寡黙なイメージがあるのですが、素顔はとてもお茶目な人なんだなとある意味新発見しました。今までのいろいろな人々の出会いが彼を支えているのだなと思えました。今年日ハムはすでにシーズン1位を決めています。今日の試合で勝ったソフトバンクとリーグ優勝をかけて戦います。今年こそ、日ハムには優勝を決めてほしいです。98年の前半戦を独走しながらも後半に失速して勝てなかったあのシーズンに、小笠原は指を骨折しながらもフルスイングをしてホームランを打ちました。あのホームランの新聞記事を自分は今でも覚えています。98年は小笠原はまだ代打で出るくらいの一人の選手でした。でも、時は流れ今ではリーグをそしては日本を代表するスラッガーになりました。小笠原の今まで見る事のできなかった姿をかいま見る事ができただけもこの本を読んでよかったと思えます。今年の日ハムの快進撃で興味を持った人にはぜひとも読んでみて欲しい一冊ですね。
by ahaha-haha | 2006-10-09 21:50 | 最近読んだ本 | Comments(0)
<< 第2ステージの先発は… よく使うイラストVol.3 >>