人気ブログランキング |
<< 京ぽん3!? 昨日と今日は社員旅行でした >>

近くて遠い90年代プロ野球

a0003293_23323397.jpg今年の年明けに買った一冊の本。「近くて遠い90年代プロ野球」何となく読み返していたら意外な発見がいろいろとありました。しかもこの本を読んだ後で今年のプロ野球を振り返ってみるとまたいろんな思いがこみあげてきます。自分としては90年代の日ハムの記事を読むと今年の日ハムの強さみたいなモノを再確認できた気がします。日ハムは90年代には3度シーズン2位になっていました。93年と96年、そして98年です。93年の2位はそうでもないですが、自分は96年と98年の2位はすごく印象に残っています。96年の2位から10年の時を経て今年日本一になったのもまた何か因縁みたいなモノを感じますよ。90年代のプロ野球はとても自分としては身近な部分もありますが、この本のタイトルにもあるとおり遠い存在でもあったりします。この本は知らなかったらシリーズとして70年代と80年代も出ているのですね。自分はこの2冊も読んでみたい気持ちがありますよ。はたしてバックナンバーは今でも入手可能なのでしょうか…。あとで調べてみますかね。それにしても、90年代を近くて遠い存在に感じるなんて自分もそれだけ年をとったのですね。
by ahaha-haha | 2006-10-28 23:33 | 最近読んだ本 | Comments(0)
<< 京ぽん3!? 昨日と今日は社員旅行でした >>